どんな時にどんなお茶をとるのが良いのか、肌別におすすめなお茶

どんな時にどんなお茶をとるのが良いのか、肌別におすすめなお茶

お茶は体にも良いですが、美容にも良いとされています。
そこで、ここでは、数あるお茶の中で、どんな時にどんなお茶をとるのが良いのか、肌別におすすめなお茶をご紹介しましょう。

 

まずは、きれいなお肌をキープしたいのであれば、ローズヒップティーが良いでしょう。
ローズヒップティーは、レモンの20倍ものビタミンCが含まれていると言われています。
ビタミンCは、肌トラブルを回避するには必要な成分です。

 

今ある肌の状態が満足いっているのであれば、それをキープするために、ローズヒップティーを飲み続けましょう。

 

そして、ちょっと肌荒れがすごいなと思った時、そんな時には杜仲茶やウーロン茶、そして、プーアル茶がおすすめです。
これらのお茶というのは、食事の最中や前後に飲むことで脂肪を分解してくれる効果があるので、ダイエットにもなります。

 

それだけでなく、お肌への影響として、こうやって、胃の中にある不要なものを消してくれる働きがあるので、便秘などを防いでくれ、肌荒れを予防するという効果があります。

 

さらに、カモミールティなどのハーブティはアロマの効果をもたらします。
アロマというのは、香りを楽しむものでもありますが、気持ちを整えてくれるものです。

 

例えば、仕事が大変過ぎてストレスが溜まっているなんて方には、ハーブティーはぴったりで、疲れをとってくれると同時に、ストレスレスにつながります。
ストレスは肌荒れの元となります。

 

最近ストレスが溜まって肌荒れが続いているなと思ったら、自分の好きな香りのハーブティーを飲むようにしましょう。

 

他にも、日本人が一番よく飲むであろう緑茶には解毒作用などの効果があります。
こちらも脂肪分解などの働きがありますから、太ることを防止すると同時に、肌荒れを防ぐだけでなく、使った茶葉をフェイスパックすれば、お茶の葉にも栄養がたっぷり含まれているので、直接的に肌に良い効果をもたらしてくれるので、おすすめです。