体の中から潤いを保つことが一番の乾燥肌対策

体の中から潤いを保つことが一番の乾燥肌対策

潤いのある、みずみずしいお肌はとても魅力的です。

 

若々しく、透明感のある肌を持っている人は、年齢を感じさせません。

 

 

そんな肌を作るには、化粧水や乳液によって外側から保湿することも大切です。しかし、それだけでは不十分であり、内側から潤いを保つことができるように肌を整える栄養を摂ることを心がけなければなりません。お肌の潤い具合を左右する水分保持力は、角質層の細胞間脂質であるセラミドと天然保湿因子によって保たれています。

 

ジャンクフードや体を冷やすものを食べることが多い、エアコンや紫外線のもとにさらされている、乾燥した環境の中で過ごす時間が多いなど乾燥肌になりやすいライフスタイルを送っていると、乾燥肌を悪化させてしまいます。ですから、どんなに化粧水や乳液で外から潤いを与えても、肌が持つ水分保持力が低いままですとその場しのぎのものになってしまいます。ですから、乾燥肌を解決するための栄養を摂ることによって、体の中から潤いを保つことが一番の乾燥肌対策になります。

 

・ビタミンA

 

ビタミンAには、肌の新陳代謝を促す働きがあります。
また、皮脂腺や汗腺の働きを高め、肌を保湿する働きもあります。おすすめの食品は、ウナギ・レバー・鯖、鰯などの青魚・乳製品・たまごなどです。

 

・ビタミンB1

 

ビタミンB1は、糖質をエネルギーに変える働きを助ける栄養素です。エネルギーがなければ代謝が促進されず、肌表面に潤いを蓄えにくくなり、乾燥につながってしまいます。おすすめの食品は、豚肉、豆、牛乳です。

 

・ビタミンB6

 

ビタミンB6は、タンパク質をアミノ酸に分解する働きがあります。
このアミノ酸によって、肌の水分保持力を保つ天然の保湿因子が作られるので、とても大切な栄養素と言えます。おすすめの食品は、にんにく、レバーです。

 

・ビタミンC

 

ビタミンCは、コラーゲンの生成を助けたり、お肌の抵抗力を高めてくれます。つまり皮膚が基本的に持つ保護機能を強めてくれるのです。おすすめの食品は、柑橘類、アセロラ、キウイです。

 

・ビタミンE
ビタミンEには抗酸化作用があり、血液の循環を良くする働きがあります。これによってお肌の代謝を高め、血色を良くしてくれます。おすすめの食品は、かぼちゃ・アーモンド・大豆です。

 

・セラミド

 

セラミドには、細胞と細胞を結びつける働きがあります。お肌のキメを細かくし、異物が肌に侵入するのを防いでくれます。また体内の水分を保持する役割もあります。おすすめの食品は、こんにゃく、しらたき、大豆です。"