しみが気になる時に気軽に取り入れられるお勧め食材

しみが気になる時に気軽に取り入れられるお勧め食材

紫外線が強くなる時期になりました。
しみが気になる季節ですね。

 

自分の顔を久々に鏡で見て、しみを見付けた時に驚かれる人も多いですよね。
本来、皮膚のターンオーバーが上手に働いていると、しみを含む古い角質は剥がれ落ちていきます。
しかし、しみとして残ってしまった場合は肌のターンオーバーがうまくいかなかったからです。
今回はしみが気になる時に気軽に取り入れられるお勧め食材をお伝えします。

 

まず、しみ予防に効果的なのはビタミンCを含む果物です。

 

ビタミンCを効果的に取り入れるなら、沢山含まれて安いサプリメントの方がいいと思われるかもしれません。
しかし、生の果物のビタミンCの方が含まれる量が少量でも効果的に働くと言われています。

 

何より合成のビタミンではなく、天然のビタミンCなので安心ですね。
また果物にはビタミンCだけでなく、生の酵素が含まれています。
この生きた酵素は身体の栄養消化、吸収に必要なもの。

 

車に例えると栄養がエンジンやガソリン。
酵素はエンジンオイルに例えられ、必要不可欠なもの。

 

酵素が十分にないとうまく栄養が消化吸収出来ず、結果身体も肌にも栄養が不足してしまいます。
酵素不足だと食べ物が消化しきれない為、腸内環境も悪くなっていきます。

 

腸内が綺麗でないと、悪玉菌が増えすぎて便秘傾向に。
便秘から大人ニキビ、ニキビ跡からしみへと悪循環になってしまいます。
そんな状態にならず、しみを予防改善出来るのが生の果物。

 

化粧品にも含まれる美白成分ビタミンCを豊富に含み、体や肌に栄養を届けるのに必須の酵素もあります。
しみ対策は外から塗る方法を探しがち。
しみを治す化粧品もいいのですが、またしみが出来た時に対策をしなければなりません。
本当に良いしみケアは、体の中からの対策。

 

今あるしみの対策と、次のしみを作らせない予防が大事です。
特にお勧めの果物は「旬の果物」。
今は季節を問わずハウス栽培などで果物が売られていますが、旬の果物の栄養価は高いんです。
春ならイチゴ、秋なら梨や柿などですね。

 

栄養が豊富に含まれるので、ビタミンCが効果的に摂れます。
旬なので価格が安く続けやすいメリットも。
生の果物を摂る一番良いタイミングは、朝の空腹時です。

 

「朝の果物は金」と言われおり、胃腸が空で消化吸収が高まっている時に、栄養たっぷりの生の果物を摂るのが最適です。
生の果物を摂って、しみに悩まされない美肌を手に入れませんか?